私のワキ汗対策

汗を多くかく時期は本当に体臭などが気になってきますよね。

特にワキの臭い。

気が付くとワキの部分に大きな汗ジミができていて「やばい!」って思う事が多々あります。ワキ汗=臭いというようなイメージがありますし、ワキ汗が多いとワキガ?というような不安もでてきますよね。

ワキガの人って自分では気付かないっていいますし、もしかすると自分がワキガの可能性だってあるかもしれないってついつい思ってしまうんですよね。

ワキガのあの独特の臭いは本当に人を不快にさせるものですから、汗を多くかく時期はワキ汗対策をしっかりしなければいけません。

デオドラント製品は必須アイテム

ワキ汗対策を行う時、デオドラントを使う事は必須ですね。私以外にもデオドラント製品でワキ汗対策をしている人は多くいるのではないでしょうか。

今ではコンパクトなデオドラント製品も多くあり、常に持ち運ぶ事ができるんですよね。ワキ汗が気になった時や臭いが気になった時にすぐに使う事ができ、サラサラのワキをキープする事ができます。

私がいつも使っているデオドラントはクリームタイプのデオドラント。デオドラントというとスプレータイプの制汗剤などが有名ですが、スプレータイプは汗で成分が流れてしまうんですね。

一方、クリームタイプのデオドラントは肌に塗りこむ事で吸収率、密着度が高く、効果をしっかり得る事ができますし、持続もします。

最初はスプレータイプの制汗剤を使っていましたが、クリームタイプのデオドラントを一度、使ったら断然、クリームタイプの方がいいと感じましたね。

もちろん大きさもコンパクトで持ち運びやすいです。常にカバンの中にも入れておけますので汗ばむ夏場の必須アイテムですね。

服の汗ジミも気になる

ワキ汗の量が多いと、臭いの他にも汗ジミも気になってくるんですよね。

夏場は薄着にもなりますし、服の色によって汗ジミがすごい目立ってしまう事もあります。

汗ジミを隠そうと上にもう1枚服を羽織ってしまうと今度は暑くなってワキ汗が余計にでてしまう。。。というな経験をしたことがあるという女性は多いと思います。

私も日頃からワキ汗対策をしているのですが、ついつい対策が間に合わず、汗ジミを作ってしまう事もあります。

ですので、

「今日は汗を多くかくな」
「今日はずっと外回りだ」
「仕事でワキ汗対策が間に合わない」

という日にはワキ汗インナーパットを活用したりもしています。

ワキ汗を吸収してくれるので汗ジミを作らなくて済みますし、空いている時間でデオドラントでもケアを行えばしっかりワキ汗と汗ジミを抑える事ができます。

【関連サイト】
口唇ヘルペス 早く治す方法